東京をサイバーパンク風にしてみた。

cyberpunk

サイバーパンクとは

サイバーパンク(Cyber punk)とは1980年代に流行・成立したサイエンス・フィクションのサブジャンルまたは特定の思想・運動(Wikipediaによる)

東京の街並みをサイバーパンク風にレタッチした動画はこちら。

どんなコンテンツがあるか?

サイバーパンクの雰囲気をだした映画をピックアップしました。

映画「ブレードランナー」

「AKIRA」

「GHOST IN THE SHELL」

「ブレードランナー2049」などが語られ..

ついには「サイバーパンク2077」というゲームもリリースされそうです。

個人的には、映画「サイバーネット – Hackers」が1995年の時代にしては相当いい雰囲気だしてます。アンジェリーナ・ジョリーも若いです。

イラストでは「サイバーパンクとイラストの融合?」と思えるような素晴らしいクリエーター(Mad Dog Johns )も存在し見逃せません。

View this post on Instagram

[Anti-Anti-Gravity] Building new works ATM. Sometimes it's frustrating not sharing new art weekly on insta. For me, it's all about pulling the claws of the İnstagram alg0rithm out of your back. It's a delicate balance of loving social media for its bounty of eyeballs and likes while simultaneously breaking into the physical world. I'm so excited for 2020 and in the end I will have all kinds of content to feed the machine. Thanks for all the love, it means the world to me. 💖💀⚠️ . . MDJ x @andyknives collaboration . . #cyberpunk #digitalartist #cyberart #vaporwaveaesthetic #hypebeast #urbanandstreet #streetsvision #citykillerz #night_owlz #ig_neoncities #agameoftones #moodygrams #tonekillers #mangaartist #mangastyle #empireoffuture #animeillustration #artgram #lofi #animeaesthetic #digitalartworks #palette #dystopia #digital_art #illust

A post shared by Mad Dog Jones (@mad.dog.jones) on

サイバーパンク風の写真を撮影しよう。

また、最近ではネオン街、裏路地、絵になる道路の写真を編集しTwitterのタイムラインにも多く登場するようになりました。最も有名なクリエータは@liamwongでしょう。

Amazonで絶賛発売中!

いざ我々も

そこで我々も数回に渡って街に繰り出し、サイバーパンク風の写真撮影を試みようと思います。企画は国内から海外まで!皆さん、サイバーパンクに適した風景は間違いなくアジアです。(現在、コロナウイルスで移動は厳しいため、現地協力者のもと本企画を進めていきます。

実写!レタッチ前とレタッチ後。

レタッチ前
レタッチ後

今回はholさんに撮影編集協力して頂きました。
感謝申し上げます。
holさんからの撮影機材情報とアドバイスを頂きました。

カメラ Canon 5Dmark3
レンズ SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO
Iso1600
F2.8
1/320

小雨が少し降る割と暗い状態。
人がぶれないようにシャッタースピードを速くするためにiso1600に設定し撮影しました。
三脚で撮影。
レリーズを持っていなかったためタイマーで手ブレをしないように撮影しました。