脱出ゲーム 追憶

主人公は自分のオフィスで残作業を片付けていた。気づくとすでに深夜。空腹を覚えた主人公は頭の中で深夜営業の店をリストアップする。「ここから近いのは..あの店か」さっそく店に足を運びドアを開けると店内は閑散としていた。人の気配もしない。「おいおい..物騒だな。店員はどこだ?」そんな独り言を呟いた時だった。バタン!背後で大きな音をたててドアが閉まった。「どうなってるんだ?」ドアを確認すると開かない。「俺はここに閉じ込められたのか?」(2009年制作)

ゲームをプレイする