間違い探し 間違いタップ2

Tap the differences! 2

間違い探しとは

間違い探し(まちがいさがし)とは、複数のよく似た絵から異なる箇所を探し出すパズルである。 近年の幼児・年少向けでは「違い探し」と呼ばれることが多い。引用:間違い探し – Wikipedia

間違い探しは難しい

一見、ルールが簡単すぎて幼児・年少向けのパズルとだけ思われているかもしれません。しかし大人でも間違い探しゲームを簡単に攻略するのは難しいです。

ここでは間違い探しを体験してください。間違い探しの画像を2枚用意しました。比較して5つの違いが解りますか?

答えはこのページの一番下に書いておきます。

間違いタップ!Tap the differences!

今回のアプリは少し工夫をしました。普通の間違い探しアプリは一回ステージをクリアするとどんどん次のステージに進みます。このアプリは再度同じステージに挑戦すると間違いの場所が変わります。何度も楽しめる内容となってます。ステージの時間制限は約2分。お手つきは3回。楽しんでください。

間違い探しゲームをもっとみる

間違い探しとサイゼリヤ

間違い探しアプリを制作始めてから、サイゼリヤで食事することが多くなりました。イタリアンファミリーレストランチェーンであるサイゼリアがキッズメニューの裏側に間違い探しを掲載しました。しかし、それが「大人にも難しい!(笑)」と話題になったのが理由です。気がついたらサイゼリア表敬訪問の回数が増えてました。

間違い探しとA.I(人工知能)

間違い探しとA.I..何か関係あるの?と思われる方も多いと思います。ある日、間違い探しのアプリをデバックしていたら解答がわからなくて仕事が進まないわけですよ。そこで素朴に考えました。「そもそも人工知能とかで超えた探すことできんか?」

そんな発想にばっちりマッチした記事があるので以下でご紹介します。

サイゼリヤの間違い探しをA.Iで攻略。

Python+OpenCVでサイゼの間違い探しをしてみた話。

詳しい技術の内容は上記事を参考にするとして…

長年、間違い探しゲームはパズルゲームの代名詞と言われるほど国や年齢を問わず人気があります。それを先端技術で攻略するなんてとてもロマンのある話です。

間違い探し 答え

このページの中段にある間違い探しのサンプルの答えです。

  1. サッカーボールの位置が違う
  2. サイコロの目が違う。
  3. ブランコが揺れてる。
  4. 目覚まし時計横の果物の数が違う
  5. 椅子に大きな指紋。

間違い探しに関連する商品

間違い探しに関するツイート